株式会社阪急デザインシステムズ

CLOSE-UP FRESHER’S VOICE.1

阪急百貨店事業部
グラフィックデザイナー
宮田 瞳 HITOMI MIYATA

様々な媒体制作を通じ、
新しいデザインに挑戦!

HDSを選んだきっかけについて

多種多様なデザインに携われる会社だと思ったからです。大学ではグラフィック以外のデザインも学んでいたため、紙はもちろん、WEBや動画など、幅広い事業領域を持つこの会社なら、日々新しいデザインに挑戦できる!と感じました。
実際に、入社してから様々な企画・デザインに携わっています。部署によってクライアントや仕事内容が大きく変わるので、今度はどんな案件に出逢えるのか、とても楽しみです。

入社後、どんな仕事に携わったか

百貨店の催事ポスターのビジュアル提案で、自作の案が採用されました。ベースのデザインから、告知媒体に合わせた様々なサイズパターンを作るのが大変でしたが、その分、実際に街の中に掲載されているのを見た時の感動もひとしおでした。
また今年のバレンタインでは、カタログのデザインを、テーマ決めの段階からおこないました。イラストレーターやスタイリストの方と一緒にお仕事をするのは初めてだったので、イメージを共有する難しさを痛感しましたが、非常に勉強になりました。

今後、どんな仕事をしていきたいか

コンペに参加するなど、一から企画・デザインを考えて提案する仕事をしてみたいです。今取り組んでいる“一枚の紙面を作り上げるデザイン”より考える範囲が広がるので、大変さや難しさはあると思います。それでも、より自分のアイデアや表現を生かせる仕事でもあるので、もっと実力をつけた上でチャレンジしたいと思います。